森美術館10周年企画・中里和人 浮小屋 iwaki
■イベント
森美術館10周年企画
中里和人 浮小屋 iwaki
主催:
・福島県いわき市
・森美術館
(NPO活動・代表森豪男・いわき市大久町大久字稲荷前2-2 電話0246-82-4612)
内容:
日本各地の小屋を撮り、写真集「小屋の肖像」にまとめた写真家中里和人が、今までに出会った何千もの小屋のエッセンスを畳一畳サイズの小さな小 屋に作り上げた。
完成した小屋は車に積み込み、何処へでも移動できる組み立て解体式の小屋。
今回森美術館で作るのは中里による6号目の新作。
水に浮かぶ 筏小屋(筏から外せば部屋の中に移動する水陸両用)。
川の両岸に漁師小屋の建ち並ぶ福島県いわき市の夏井川支流横川河口に筏小屋を流し、流れれる小屋上 で生け花パフォーマンス、水辺からはウッドベースのライヴ音が流れ、風景と浮小屋とライヴパフォーマンスがコラボレーションされ、ゆったり流れる小屋と 川の時間の中で夏の夢景色を体感する。


イベント&レクチャー概要
【小屋流し+花・音】


期日
8月20日(土)
場所
夏井川支流横川の赤沼橋右岸300メートル上流付近スタート(いわき市平ユースホステル近くの橋)
時間
16:00スタート予定。イベント所用時間は約90分前後
内容
いわき市の太平洋に注ぐ夏井川支流横川で、今回制作した浮小屋流しを行い、華道家上野雄次が、流れる小屋上で生け花パフォーマンスを行い、音楽家 水野俊介のウッドベースが川面を伝う。
風景、花、音、小屋の一大コラボレーション。


〈レクチャー〉【小屋を巡る旅、小屋を作る時】


期日
8月21日(日)
時間
13:30~
場所
いわき市森美術館
内容
森美術館に展示された小屋の写真作品を中心に、日本各地での小屋との出会い、その後ワークショップなどで制作してきた6つの小屋についての話。


【小屋の音】


期日
8月21日(日)
時間
15:00から約60分間
場所
いわき市森美術館
内容
館内に浮小屋を設置し竹の太鼓制作者、パーカショニストの鶴勝英による小屋音ライヴパフォーマンス。


森美術館
森美術館HP
http://www.joint.co.jp/moribi/moribi.htm
電話:
0246-82-4612
住所:
〒979-0338 いわき市大久町大久字稲荷前2-2
※森美術館は、室内外共に禁煙です。


森美術館へのアクセス
[高速道路利用]
東京、水戸、郡山方面から:常磐自動車道「いわき四倉I.C」で降ります。すぐ目の前の信号を、原町 双葉方面に左折。 道なりに6 km(注:4.6 km付近に直角の急カーブ有り!)で信号、大久方面に左折。 1 kmで右側に松の木、庭石、記念碑。記念碑の角を右折、1.4 kmで左手に切妻、下見板の森美術館に到着です。 (常磐自動車道。三郷J.Cからいわき四倉I.Cまで188 km。三郷J.Cは、首都高6号 三郷線および外環と接続。いわき四倉I.Cはいわき中央I.Cの次です。)


[JR常磐線利用]
東京から:
上野駅発スーパーひたち15号
10:00
いわき駅着
12:06
各駅停車、下り、仙台方面に乗り換え。 いわき駅発
12:26
草野
四倉
久ノ浜(ひさのはま)駅下車
12:40
タクシー利用の場合、久ノ浜駅から森美術館まで約1,300円
[国道利用]
国道6号線を茨城方面から北上の場合:
郡山からの国道49号線との交差点から 18 km北へ、信号と「海竜の里」看板を左折。 (波立海岸の急カーブの2つのトンネルを過ぎ、久ノ浜駅付近の3つの連続する信号を 過ぎ、坂を上った所にある信号と看板です) 道なりに1.4 kmで右側に松の木、庭石、記念碑。記念碑の角を右折、1.4 kmで左手に切妻、下見板の森美術館に到着です。
(国道49号線との交差点から40分)
国道6号線を宮城方面から南下の場合:
広野町からいわき市に入り3.5 km程、幾つかのトンネルを抜け、視界が広がり久ノ浜の町 が見え、下り坂になった所、トンネルを抜けてすぐに信号有り。右折。 道なりに1.4 kmで右側に松の木、庭石、記念碑。記念碑の角を右折、1.4 kmで左手に切妻、下見板の森美術館に到着です。
[PR]
by nakazato-k | 2005-08-19 14:39 | 中里和人 新着情報
<< 中里和人写真展「闇の蒸発」 OCMレコード10周年記念 幻... >>