<   2008年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧
石山修武 × 中里和人『SELF‐BUILD』 刊行
a0092799_13292885.jpg



『セルフビルド SELF‐BUILD 自分で家を建てるということ』


石山修武/著
中里和人/写真
田邊寛美・武田憲人/編集
祖父江慎・安藤智良(コズフィッシュ)/ブックデザイン
交通新聞社/刊
2520円(2400円+税)


トタンで作られたバー、トラック荷台に建てられた二階建て住宅、村人が作った零戦格納庫、磯崎新の隠れ家、
コルゲートパイプの住宅、廃舟で暮らすおじさん、
石山修武の未完の自邸、知的セルフビルド松浦武四郎の一畳敷、
湖に浮かぶ村、ひろしまハウス、ジャズに捧げる究極の音響空間、マザー・テレサの「死を待つ人の家」、
世界に一つだけの恐竜ロボット、隅田川堤防に佇む完全なる0円ハウス・・・他。

ここにはセルフビルド・スピリッツに貫かれた、家や庭、
アート空間に変身した、フラジャイルで堅牢な自己表現の景色がある。自己実現の建築がある。

フツー(?)の人たちがつくり出した、ある意味エコで超自然体な、驚愕必至の現代の愛すべきセルフビルド・ワールド。
[PR]
by nakazato-k | 2008-05-08 13:28 | 中里和人 新着情報
出版記念幻燈トークショー『東京サイハテ観光 千駄木ほうろう』
a0092799_124158100.jpg
 東京近郊にある身近なサイハテ景を求め歩いた『散歩の達人』での連載『旧道部』をまとめた『東京サイハテ観光』の出版記念イベント。

 ライターの中野純とカメラマンの中里和人が、選景眼(景色を見つける眼力)を磨きつつ、旧道沿いや都心の片隅に眠る名景を発掘した、日本の散歩史に一石を投じる話題の本。

 ショーの第一部は、『サイハテは近くにありて探すもの』サイハテ景色を巡る中野×中里の視線や想いを、スライド写真をまじえながら語り合います。
 
第二部は、春先に実施されたマイクロバス(一泊二日)で巡った房総サイハテツアーの報告会。
ゲストにバスツアー参加者の渡辺裕之(ライター)さんを招き、
旅の写真を見ながら、サイハテ景色の宝庫房総の魅力を語り合います。


 
日時 5月17日(土)
     開場18:30/開演:19:00

 料金 1000円

 出演  中野純
     中里和人
   
 ゲスト 渡辺裕之
 

 要予約 古書ほうろうまで(先着順です)

    ・メール
      あて先:horo@yanesen.net 
      件名 :「5月17日 東京サイハテ観光」
          ・お名前
          ・人数
          ・当日ご連絡の取れる電話番号
          を、お書き添えください。

    ・電話:03-3824-3388


【主催】サイハテ中中の会

【お問合せ】古書ほうろう
 
  東京都文京区千駄木3ー25ー5
  http://www.yanesen.net/horo/

  メール:horo@yanesen.net
  電話 :03-3824-3388
[PR]
by nakazato-k | 2008-05-06 12:42 | 中里和人 新着情報