<   2010年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧
中里和人展 風景ノ境界 1983-2010       BOUNDARY IN LANDSCAPE Katsuhito Nakazato
a0092799_14233592.jpg



a0092799_1423654.jpg





会期  2010年8月28日(土)〜2010年10月11日(月)
    月曜日休館(祝日の場合はその翌日休館)
    
時間  9:30〜16:30(入館は16:00まで)

会場  芳澤ガーデンギャラリー 
    千葉県市川市真間5-1-18
    TEL 047-374-7687

入場料 一般200円

アクセス http://www.tekona.net/yoshizawa/access.html

 
 なにげない風景の隙間に輝く不思議な魅力をとらえた、そんな独特の風景の写真で知られる市川市在住の写真家・中里和人(なかざと かつひと)。
 1980年代、急速な開発により、新興都市へと変化を遂げようとする東京湾岸の様子を記録したデビュー作『湾岸原野』(1991年)。ありあわせの廃材で作られ、道端に静かにたたずむ、日本各地の小屋の姿を追った『小屋の肖像』(2000年)。身近な光景が白日夢のような世界に変化する不思議な瞬間をとらえた『キリコの街』(2002年)。漆黒の闇の中、初めてその姿を現す、深い夜の景色を写した『ULTRA』(2008年)。作品の対象の多くは、既に在りながらも目にはつかない、日常に埋もれた日本の景色の数々です。中里は、自分の足下に広がる身近な光景を視つめながら、その中に新たなイメージを発見し、景色が持つ多様な豊かさを見る者に提示します。
 本展では、デビュー作から近年まで発表された写真作品約100点と最新の映像作品などを展示し、中里が追い求める写真世界に迫ります。移りゆくものの境界で、町や土地がふとのぞかせる、危うくも美しい横顔。デビュー以来変わらない視線で、日本の中にもう一つの異世界を探し求める「風景ノ境界」をどうぞご覧ください。 
 
 また、展覧会に先駆け、中里を講師として迎え開催した写真ワークショップ「〈絵ハガキの町〉市川 創出計画」で制作された、新しい市川絵ハガキセットの数々も展示いたします。子どもから大人まで、幅広い年齢層の参加者が、それぞれの視点で写し取った町の魅力。そんな魅力が沢山詰まった写真が絵ハガキに生まれ変わり、芳澤ガーデンギャラリーに新しい「〈絵ハガキの町〉市川」が誕生します。


同時開催:「〈絵ハガキの町〉市川 創出計画展」



[関連イベント] 無料(入館料のみ必要)

■オープニングトーク「風景を読む 消えるマチ・消えない記憶」
2010年8月29日(日) 15:00〜16:30 
出演:中里和人+北井一夫(写真家)
日本を代表するドキュメンタリー写真家で、中里和人さんの師である北井一夫さんを迎え、風景の中の記憶や、市川の町についてお話をします。
※先着50席(当日9:30から整理券を配布) 

■ギャラリートーク「〈絵ハガキの町〉市川 誕生!」 
2010年9月4日(土) 13:00〜13:50
ワークショップ「〈絵ハガキの町〉市川 創出計画」によって生まれた新しい市川絵ハガキセットの数々を中里和人さんと一緒に見ながら、ワークショップを振り返ります。
※先着50席(当日9:30から整理券を配布)

■ワークショップ「昔ながらの手彩色絵ハガキを作ろう!」 
2010年9月4日(土) 14:00〜16:00
自分で撮影した写真に手で色づけする懐かしくて不思議な風合いの手彩色絵はがきを作りませんか?日本全国を旅しながら、現代の手彩色絵ハガキを作り続ける「ワタリドリ計画」のお2人と一緒に行います。
講師:麻生知子+武内明子(画家・ワタリドリ計画)
場所:芳澤ガーデンギャラリー内 郭沫若記念館
※要申込。定員15名【要電話申込(047-374-7687 芳澤ガーデンギャラリー)。8月28日(土)〆切(応募者多数の場合は抽選)。

■ ギャラリートーク&スライドショー「闇を見る、闇を歩く」
日時:2010年9月18日(土) 14:00〜16:00
出演:中里和人 ゲスト:中野純(体験作家・闇歩きガイド)
闇歩きの達人として活躍する作家の中野純さんをゲストに迎え、今回の展示作品、特に近年取り組んでいる夜や闇を写した作品や、新作の映像作品について、スライドショーを交えてお話しします。
※先着20名(当日9:30から整理券を配布)



※お車でのご来館はご遠慮ください。

お問合せ/
市川市芳澤ガーデンギャラリー
千葉県市川市真間5-1-18
TEL 047-374-7687
[PR]
by nakazato-k | 2010-07-28 00:08
がまツーリズム 7/24 路上幻燈会×夜散歩in杉戸町
『がまツーリズム』
埼玉県杉戸町 南側用水路を歩こう

詳細 → http://homepage3.nifty.com/mokudosui/gama.html

設計工房 木土水 杉戸アトリエ
〒345-0044 埼玉県北葛飾郡杉戸町下野605
Tel.0480-34-0211(遠藤事務所内)Fax.0480-34-02107/24

東武日光線『杉戸高野台駅』より徒歩15分


<散歩イベント> 

参加無料
(参加人数に限りがありますので当日の先着順になります)


7/24(土)
「路上幻燈会×夜散歩in杉戸町」中里和人+中野純 

18:00集合 集合場所:設計工房 木土水 杉戸アトリエ
(20:00終了予定・小雨決行)
 NHK「熱中人」にも出演した闇歩きの達人、中野純氏ガイドによる夜散歩企画です。
カエルの声と闇と水に包まれながら、杉戸町のこの世とあの世をうろうろしましょう。


7/24(土)
「水田・蜃気楼テレビ」東京造形大学大学院影絵プロジェクト 

16:00集合 集合場所:設計工房木土水 杉戸アトリエ
(15:00終了予定・小雨決行)
 小さな穴を開けた箱で作ったピンホールカメラをかぶって水田地帯を散歩しよう!


7/24(土)・25(日)
ボッチンのコマ撮りアニメーション上映会 森 知行 

14:00~19:00 於:設計工房 木土水内 特設ガマシアター 
「素敵なガマ声を聴いたなら、ボッチンアニメが始まるよ」



<展示のご案内> 

2010年7月23日(金)~27日(火)(見学無料)

*「カエルカントリーNight」東京造形大学中里ゼミ写真展  
監修:中里和人

昼は良く知る風景も、夜は異国に変身する。新しい街が出現する。杉戸町南側用水。
水源地帯に低く留まる水際には、ゆるやかに蛇行する気の流れとカエルの声が聴こえていた。


*地獄のファーストレディ「奪衣婆写真展」中野 純

ノーダークネス、ノーライフ。生活にあの世をとりもどそう。
閻魔さまの隣によくいる垂れ乳の女神、奪衣婆。謎に満ちた彼女の写真が、地獄のギャラリーに集結します。中野純の「困った色紙」シリーズも展示販売します。工房 木土水


*工房イサドの「ガマランド」出現!
あやしくて楽しくてかわいいガマランド。おみやげにガマひとついかが?



*「ボテキン楼」
高森春恵金魚のボテキンでありんす。ガマの旦那、いつかわちきを南側用水路に連れて行っておくんなんし。



※ご注意 駐車場がございせんのでご了承下さい。また、時間外はご入場になれませんのでご注意下さい。会場は禁煙となっております。近隣・路上での
喫煙もご遠慮願います。会期中の事故・盗難等の責任は当方では一切負いかねますので自己責任でお願い申し上げます。
[PR]
by NAKAZATO-K | 2010-07-22 10:52