中里和人展 風景ノ境界 1983-2010       BOUNDARY IN LANDSCAPE Katsuhito Nakazato
a0092799_14233592.jpg



a0092799_1423654.jpg





会期  2010年8月28日(土)〜2010年10月11日(月)
    月曜日休館(祝日の場合はその翌日休館)
    
時間  9:30〜16:30(入館は16:00まで)

会場  芳澤ガーデンギャラリー 
    千葉県市川市真間5-1-18
    TEL 047-374-7687

入場料 一般200円

アクセス http://www.tekona.net/yoshizawa/access.html

 
 なにげない風景の隙間に輝く不思議な魅力をとらえた、そんな独特の風景の写真で知られる市川市在住の写真家・中里和人(なかざと かつひと)。
 1980年代、急速な開発により、新興都市へと変化を遂げようとする東京湾岸の様子を記録したデビュー作『湾岸原野』(1991年)。ありあわせの廃材で作られ、道端に静かにたたずむ、日本各地の小屋の姿を追った『小屋の肖像』(2000年)。身近な光景が白日夢のような世界に変化する不思議な瞬間をとらえた『キリコの街』(2002年)。漆黒の闇の中、初めてその姿を現す、深い夜の景色を写した『ULTRA』(2008年)。作品の対象の多くは、既に在りながらも目にはつかない、日常に埋もれた日本の景色の数々です。中里は、自分の足下に広がる身近な光景を視つめながら、その中に新たなイメージを発見し、景色が持つ多様な豊かさを見る者に提示します。
 本展では、デビュー作から近年まで発表された写真作品約100点と最新の映像作品などを展示し、中里が追い求める写真世界に迫ります。移りゆくものの境界で、町や土地がふとのぞかせる、危うくも美しい横顔。デビュー以来変わらない視線で、日本の中にもう一つの異世界を探し求める「風景ノ境界」をどうぞご覧ください。 
 
 また、展覧会に先駆け、中里を講師として迎え開催した写真ワークショップ「〈絵ハガキの町〉市川 創出計画」で制作された、新しい市川絵ハガキセットの数々も展示いたします。子どもから大人まで、幅広い年齢層の参加者が、それぞれの視点で写し取った町の魅力。そんな魅力が沢山詰まった写真が絵ハガキに生まれ変わり、芳澤ガーデンギャラリーに新しい「〈絵ハガキの町〉市川」が誕生します。


同時開催:「〈絵ハガキの町〉市川 創出計画展」



[関連イベント] 無料(入館料のみ必要)

■オープニングトーク「風景を読む 消えるマチ・消えない記憶」
2010年8月29日(日) 15:00〜16:30 
出演:中里和人+北井一夫(写真家)
日本を代表するドキュメンタリー写真家で、中里和人さんの師である北井一夫さんを迎え、風景の中の記憶や、市川の町についてお話をします。
※先着50席(当日9:30から整理券を配布) 

■ギャラリートーク「〈絵ハガキの町〉市川 誕生!」 
2010年9月4日(土) 13:00〜13:50
ワークショップ「〈絵ハガキの町〉市川 創出計画」によって生まれた新しい市川絵ハガキセットの数々を中里和人さんと一緒に見ながら、ワークショップを振り返ります。
※先着50席(当日9:30から整理券を配布)

■ワークショップ「昔ながらの手彩色絵ハガキを作ろう!」 
2010年9月4日(土) 14:00〜16:00
自分で撮影した写真に手で色づけする懐かしくて不思議な風合いの手彩色絵はがきを作りませんか?日本全国を旅しながら、現代の手彩色絵ハガキを作り続ける「ワタリドリ計画」のお2人と一緒に行います。
講師:麻生知子+武内明子(画家・ワタリドリ計画)
場所:芳澤ガーデンギャラリー内 郭沫若記念館
※要申込。定員15名【要電話申込(047-374-7687 芳澤ガーデンギャラリー)。8月28日(土)〆切(応募者多数の場合は抽選)。

■ ギャラリートーク&スライドショー「闇を見る、闇を歩く」
日時:2010年9月18日(土) 14:00〜16:00
出演:中里和人 ゲスト:中野純(体験作家・闇歩きガイド)
闇歩きの達人として活躍する作家の中野純さんをゲストに迎え、今回の展示作品、特に近年取り組んでいる夜や闇を写した作品や、新作の映像作品について、スライドショーを交えてお話しします。
※先着20名(当日9:30から整理券を配布)



※お車でのご来館はご遠慮ください。

お問合せ/
市川市芳澤ガーデンギャラリー
千葉県市川市真間5-1-18
TEL 047-374-7687
[PR]
# by nakazato-k | 2010-07-28 00:08
がまツーリズム 7/24 路上幻燈会×夜散歩in杉戸町
『がまツーリズム』
埼玉県杉戸町 南側用水路を歩こう

詳細 → http://homepage3.nifty.com/mokudosui/gama.html

設計工房 木土水 杉戸アトリエ
〒345-0044 埼玉県北葛飾郡杉戸町下野605
Tel.0480-34-0211(遠藤事務所内)Fax.0480-34-02107/24

東武日光線『杉戸高野台駅』より徒歩15分


<散歩イベント> 

参加無料
(参加人数に限りがありますので当日の先着順になります)


7/24(土)
「路上幻燈会×夜散歩in杉戸町」中里和人+中野純 

18:00集合 集合場所:設計工房 木土水 杉戸アトリエ
(20:00終了予定・小雨決行)
 NHK「熱中人」にも出演した闇歩きの達人、中野純氏ガイドによる夜散歩企画です。
カエルの声と闇と水に包まれながら、杉戸町のこの世とあの世をうろうろしましょう。


7/24(土)
「水田・蜃気楼テレビ」東京造形大学大学院影絵プロジェクト 

16:00集合 集合場所:設計工房木土水 杉戸アトリエ
(15:00終了予定・小雨決行)
 小さな穴を開けた箱で作ったピンホールカメラをかぶって水田地帯を散歩しよう!


7/24(土)・25(日)
ボッチンのコマ撮りアニメーション上映会 森 知行 

14:00~19:00 於:設計工房 木土水内 特設ガマシアター 
「素敵なガマ声を聴いたなら、ボッチンアニメが始まるよ」



<展示のご案内> 

2010年7月23日(金)~27日(火)(見学無料)

*「カエルカントリーNight」東京造形大学中里ゼミ写真展  
監修:中里和人

昼は良く知る風景も、夜は異国に変身する。新しい街が出現する。杉戸町南側用水。
水源地帯に低く留まる水際には、ゆるやかに蛇行する気の流れとカエルの声が聴こえていた。


*地獄のファーストレディ「奪衣婆写真展」中野 純

ノーダークネス、ノーライフ。生活にあの世をとりもどそう。
閻魔さまの隣によくいる垂れ乳の女神、奪衣婆。謎に満ちた彼女の写真が、地獄のギャラリーに集結します。中野純の「困った色紙」シリーズも展示販売します。工房 木土水


*工房イサドの「ガマランド」出現!
あやしくて楽しくてかわいいガマランド。おみやげにガマひとついかが?



*「ボテキン楼」
高森春恵金魚のボテキンでありんす。ガマの旦那、いつかわちきを南側用水路に連れて行っておくんなんし。



※ご注意 駐車場がございせんのでご了承下さい。また、時間外はご入場になれませんのでご注意下さい。会場は禁煙となっております。近隣・路上での
喫煙もご遠慮願います。会期中の事故・盗難等の責任は当方では一切負いかねますので自己責任でお願い申し上げます。
[PR]
# by NAKAZATO-K | 2010-07-22 10:52
闇歩きガイド中野純&闇の写真師中里和人プレゼンツ闇ナイト~真っ暗闇をみんなで知り学び楽しむ夜
真っ暗闇でみんなで食べる「お楽しみ闇セット」付き!闇の奥深さを知り、闇の楽しみ方を知り、闇を体験する事で自分を失い、忘れる事ができる夜!?


日時/2010 04 25 [Sun]


Open 17:00  Start 18:00  End 20:30 (予定)


前売券\2,300(お楽しみ闇セット付き!・飲食代別途必要・ビール\590など)・当日券\2,800


会場/TOKYO CULTURE CULTURE
東京カルチャーカルチャー
住所/東京都江東区青海1丁目パレットタウン Zepp Tokyo2F
運営/ニフティ株式会社

(お台場、日本一の観覧車真下、日本一大きなライブハウス“ZEPP TOKYO”の2階)
ゆりかもめ線、りんかい線、船でもアクセス可能。


map → http://tcc.nifty.com/accessmap/


a0092799_1442736.jpg

 闇を知り闇を学び闇を楽しむと自分も世界も変わってしまう!
1000カ所以上の日本の暗闇を訪れた日本一の闇歩きガイド中野純と闇の写真師中里和人が会場を真っ暗にしたり、真っ暗闇で飲食したりして、みんなに暗闇の楽しみ方をこの夜すべて伝授!
この夜最後は感動的なくらいみんなの眠っていた五感が驚愕の高感度になります!
東京近辺の数々の暗く怪しく、時にユーモラスな暗闇スポットや東京の洞窟などもスライドで大プレゼンショー!
真っ暗闇でみんなで食べる「お楽しみ闇セット」付き!闇の奥深さを知り、闇の楽しみ方を知り、闇を体験する事で、自分を失い、自分を忘れ、光の見かたもすっかり変わり、人間の隠された力も発見できる夜!


【出演】
中野純(闇歩きガイド、体験作家)、
中里和人(闇の写真師)


<関連サイト>
闇歩きガイド、体験作家・中野純公式サイト「さるすべり家頁」
闇アルキ。月アソビ。(闇ガイドとゆく月夜の里山) :デイリーポータルZ記事


チケットの購入・詳細 ↓

東京カルチャーカルチャーhttp://tcc.nifty.com/cs/catalog/tcc_schedule/catalog_
100324202881_1.htm
[PR]
# by nakazato-k | 2010-03-29 15:10
子どもアート in みえ              中里和人写真展『 U L T R A 』   三重県立美術館
 12月23日から2月14日まで、三重県立美術館で〈子どもアートinみえ〉と題した、写真ワークショップ企画展と中里和人写真展『ULTRA』を同時開催しています。(主催/三重県立美術館)
 三重県は私の故郷であり、ゆかりの地での写真展は、サケやアユが生まれた場所に戻るような帰巣感を感じてしまいました。


 昨年の夏から秋にかけて、三重県の4つの小・中学校で「町の風景をつかむ」をテーマにワークショップを行いました。参加したこどもたちにとって、集中してカメラで風景を撮るのは全員初体験で、ちゃんと写真が撮れるかすごく不安でした。しかし、実際に撮影が始まるとその心配は霧散し、こどもたちは次々と目をみはるような光景を撮りだしました。写真ワークショップ展はいつも通学している学区内のまちを撮影し、ふだん見慣れた土地で新たな風景をつかむことを目指しました。撮影総数17000カットの写真から500点をセレクトし、美術館の中にこども写真展の世界を展開しました。ワークショップに参加した人、そして参加しなかった人も美術館空間の中で新たな写真との遭遇が体感できる、不思議なインスタレーション空間を作ることにしました。



〈第1展示室〉
 400枚余りのこども写真を壁面展示し、ギャラリーの中央部に4つの小屋を建て、それぞれの小屋の中には写真ワークショップで体験したこどもたちの感想を貼りました。会場を訪れた人は小屋の中でこどもたちの声に出会い、小屋の外では壁面にコラージュされた写真に出会えるような構成にしました。
ここでは、こどもたちが見つけた4つのまちの写真と声のドキュメントが見られます。
a0092799_012276.jpg

a0092799_3385318.jpg
a0092799_10234862.jpg





〈第2展示室〉
 クリエイティブな視線でセレクトした80点の選りすぐりこども写真展になっています。
7才から15才までのこどもたちが写し撮った三重県の風景の力があふれて来る展示室です。
a0092799_0241814.jpg

a0092799_3435678.jpg




〈第3展示室〉
 写真ワークショップの様子の記録映像が流れるビデオブースと、こどもたちが暮らす4つのまちのスライドショーが見られる映像の部屋があります。他にも、まちが逆さに写るピンホール小屋や覗き小屋、廃材パレットで作られた路地のまちなどが展示された賑やかな街になっています。
a0092799_0274055.jpg

a0092799_345186.jpg

a0092799_3482620.jpg

a0092799_3461985.jpg


 600枚の板、100枚の合板、30個の廃材パレット、500枚の写真、2つの映像と音楽で構成された、不思議マチが美術館の中に突如出現したわけです。



〈第4展示室〉
  私が日本各地の夜景、闇景を追った最新写真展『ULTRA』も同時開催されています。
a0092799_029365.jpg



 三重県の県庁所在地、津にある県立美術館で2月14日まで開催中です。
機会があれば伊勢参りを兼ねて、美術館に現れた小屋のマチで、こどもたちの500の視線に触れてみてください。







『 子どもアート in みえ 』
中里和人写真展 『 U L T R A 』  

三重県立美術館

会期 : 2009年12月23日〜2010年 2月14日

開館時間:午前9時30分-午後5時(入館は午後4時30分まで)

休館日:月曜日(ただし、祝日休日は開館)、祝日休日の翌日(土曜日曜は開館)

入場無料

住所 〒514-0007 三重県津市大谷町11

電話 代表 :(059)227-2100

アクセス : 津駅(JR線・近鉄)西口より徒歩10分
http://www.pref.mie.jp/BIJUTSU/HP/jp/index_guide.htm

三重県立美術館 H P : http://www.pref.mie.jp/BIJUTSU/HP/jp/home.htm
[PR]
# by nakazato-k | 2010-01-21 00:49
《向島 Nightseeing & まち見世 路上幻燈会》
a0092799_10374071.jpg












a0092799_1038450.jpg




a0092799_10582361.jpg



『墨東まち見世2009』公式HP  →  http://machimise.chicappa.jp/index.html




全国各地の路地のまちを撮影し続けている写真家。夜の「向島」で、昼間と違うまちの表情をさぐる撮影会や、復刻した江戸時代の幻燈機を携帯し、路地裏を歩きながらの映像パフォーマンスを開催します。



《向島 Nightseeing & まち見世 路上幻燈会》


写真家の中里和人は、向島の路地の不思議な佇まいに 惹かれ、長年撮影を行っています。今回のプロジェク トでは、新しくできるタワーの千分の一、610ミリの高 さから撮影した夜景の写真展「610 Nightseeing」や、復刻 した江戸時代の幻燈を用いた夜のイベント「まち見 世 路上幻燈会」などにより、路地のまちの尽きせぬ 魅力を独自な角度からご紹介します。


◎SOURCE .sight vol.1

中里和人+東京造形大学中里ゼミ 写真展「610 Nightseeing」
会期:2009年10月31日(土)〜11月8日(日)
時間:12:00〜18:00
入場:無料
会場:SOURCE Factory内SOURCE .sight 墨田区八広 1-39-18
 



◎イベント「まち見世 路上幻燈会 +上野雄次 はないけ 路地裏幻想」

開催日:11月7日(土)※小雨開催
時間:17:00-18:15中里和人「まち見世 路上幻燈会」
     18:30-19:45 上野雄次「はないけ 路地裏幻想」
     ※「はないけ」の会場はSOURCE Factoryです。
集合場所・時間:当日16:45に京成押上線曳舟駅・押上駅寄り改札口集合。
定員:20名 ※予約制 / 11月5日(木)締め切り
参加費:3000円


※路上幻燈会、はないけ、どちらかのみ参加の場合は2000円。はないけのみ定員25名。


◎特別開催!フォトワークショップ「610 Dayseeing」

610ミリの高さから昼の向島を撮るワークショップです。
開催日:11月28日(土)※小雨開催
時間:10:00-16:30
集合場所・時間:当日9:45に東武伊勢崎線東向島駅前に集合。
定員:15名 ※予約制 / 11月26日締め切り
参加費:2000円
必要なもの:デジタルカメラをご持参ください。
講評会会場:墨田聖書教会 墨田区墨田3-19-4




★イベント、フォトワークショップのお問い合わせとご予約

メール:sana1956@w8.dion.ne.jp 中里
電話・FAX:03-5630-3216  現代美術製作所・曽我

※お申し込みの場合は、上記連絡先までメールないし FAXでお名前・参加ご希望のイベント・参加人数・連絡 先をお知らせください。折り返し確認のご連絡を差し上げます。
なお、定員に達した場合はお断りさせていただきます。ご了承ください。
[PR]
# by nakazato-k | 2009-10-29 10:52
スライド&サウンドコラボレーション with KURI
a0092799_16182444.jpg



イギオヤジ展 関連イベント

(詳細) http://www.campica.jp/akeno/blog/temp/archives/2009_9_8_129.html


『SELF-BUILD』(交通新聞社/石山修武・文)でイギオヤジ=井木堅一氏の「増殖するガレージ」を取材した写真を中心にスライド・トーク、アコースティックデュオKURIとのサウンドコラボレーションを開催します。


9月26日(土) 20:00〜22:00

入場料  2000円(コーヒー付き)

会場   キャンピカ明野ふれあいの里
     山梨県北杜市明野町浅尾5260-5

アクセス  http://www.campica.jp/akeno/page/acces.html
[PR]
# by nakazato-k | 2009-09-16 16:19
『路上幻燈ロードショー』           「まち」がミュージアム!2009  富士吉田市
今年で10年目を迎える富士吉田のアートフェスティバル
「まち」がミュージアム!2009の関連企画で、
吉田の夜の闇溜まりをめぐりながら
路上がシアターになる、移動式幻燈会を開きます。




9月25日(金)19:00〜

集合場所  まちミュー総合案内所(雨天決行)

定員    20名

参加費   1500円


お問い合わせ ナノリウム 0555-24-2938



「まち」がミュージアム!2009 詳細 ↓

 http://www.fujigoko.co.jp/Events/yoshida/artfestival/
[PR]
# by nakazato-k | 2009-09-16 12:28