中里和人写真展「ULTRA 臨界夜景」        08.10.20(月)-11.15(土) 中京大学 C・スクエア

a0092799_9522116.jpg



『ULTRA 臨界夜景』



 初めて夜景を撮り出したのは、1980年代の半ばころだった。東
京湾岸沿いの人気(ひとけ)のない埋立造成地に迷いこんで、アシ
の原っぱにすっぽり包まれ夜空を見上げた時に、自分の中から東京
や日本がどんどんと消滅していく感覚を体感したのだった。
その感覚は昼よりも夜のほうが鮮烈で、誰もいない夜の東京原野
を何度も訪れるようになった。
やがてそのシリーズは、処女写真集『湾岸原野』(1991年、モノ
クロ作品)になった。
1990年代に入り、写真表現はモノクロからカラーへと移ってい
った。夜景はまだ大きなシリーズではなかったが、リバーサルフィ
ルムに定着された夜の色調には、天然の月明かり、人工の街灯りを
拾った、肉眼では見えない夜の素顔が写り始めた。
夜特有の色、影、形には、昼には想像もできない新鮮な生命力が
充満していた。昼間はあたりまえの風景だったものが、夜にはまっ
たく見たことのない、異国の景色へと変身する夜の発見があった。
そこで捉えようと試みていたのは、それまでの日本では見かけな
い、夜景の持つ不思議な色彩と陰影の新しいイメージだった。
後に夜景シリーズは、『逢魔が時』(2003年)と『夜旅』(2005年)
の2冊の本になった。
偶然だったが、夜景撮影を続ける中で色や光がほとんど消えた、
まるで失敗写真のような暗い夜との出会いが生じた。それは、失敗
などではなく、現場に漂う闇が深くて、極端に暗い風景で、夜景の
臨界点で撮影されたものだった。撮影現場を思いおこすと、周りに
ある深い闇に紛れ、飲まれ、いつしか自分と闇の境界も朧げになっ
ていた。
数年前に、そんな暗闇写真と出会ってからは、闇を背景に浮かび
あがる光や色彩の夜景ではなく、景色が消滅してしまう背景の闇そ
のもの、闇景(臨界夜景)へと興味が移っていった。
写真のフィルムに定着された、世界で最も暗い闇溜まり。夜のハ
テで蠢く、不思議で、怖くて、安らかな時間。放心するように暗闇
に紛れていると、夜の奥から、限りなく消え果ててしまった色彩と
一緒に、ザラザラとした闇の粒子が立ち昇ってくるのだった。

中里和人




会 期    2008年10月20日(月)-11月15日(土)


休 館    日曜(但し、11月2日は開館)


開館時間   午前9時-午後5時 入場無料


会  場   中京大学アートギャラリー C・スクエア
        〒466-8666 名古屋市昭和区八事本町101-2 
        (中京大学センタービル一階)
       TEL(052)835-5669


※地下鉄鶴舞線・名城線「八事(やごと)」駅北口改札経由、5番出口直結



展覧会詳細・アクセス  
http://www.chukyo-u.ac.jp/c-square/2008/87/87top.html




関連イベント 10月25日(土)

○高梨豊・中里和人 対談

時 間: 13時30分~15時(開場:13時) 

会 場: 名古屋キャンパス0705教室
    (C・スクエアと同じ建物の7階)

※参加自由・会費無料、対談終了後、15時30分頃から17時までレセプションを開きます。



協力:吉野千枝子(日本カメラ)
   エプソン販売株式会社
[PR]
# by nakazato-k | 2008-10-15 10:17
写真展 『夜・自然・もうひとつの東京』
a0092799_1483373.jpg


中里和人写真展 『夜・自然・もうひとつの東京』
Nacht.Natur.Das andere Tokio
- der Fotograf Nakazato Katsuhito


2008年5月〜6月にかけてドイツ・ハンブルグで開催された写真展の日本巡回展。


会期:2008年9月27日(土)〜10月12日(日)
   12:00〜19:00 (土・日は18:00まで)
   会期中無休/入場無料


会場:現代美術製作所 
   墨田区墨田1-15-3 東武線東向島駅徒歩5分
   TEL/FAX 03-5630-3216   MAIL:factory@c-a-f.jp

アクセス  http://www15.ocn.ne.jp/~g-caf/


展覧会詳細 http://www.voluntary.jp/m-keikaku/




9月27日(土)オープニングイベント(入場無料)

●17:00〜18:00 向島学会「交流のサロン」 
 トーク:中里和人、 向島学会有志

●ハンブルク・オッテンゼンにおけるアルトナーレ2008報告会
18:10〜20:30 オープニングパーティーパフォーマンス
華道家・上野雄次はないけライヴ



主催:現代美術製作所
後援:NPO法人 向島学会
協力:遠藤清(木土水)、川村之、ブリギッテ・クラウゼ、
吉野千枝子(日本カメラ)、EAT&ART TARO、
エプソン販売株式会社、オッテンゼン資料館




※ 9/29産経新聞『写眼』のコーナーで紹介されました。

http://sankei.jp.msn.com/culture/arts/080929/art0809290805002-n1.htm
[PR]
# by nakazato-k | 2008-08-25 01:49
出展  『土 - 大地のちから』群馬県立館林美術館
a0092799_12382688.jpg


 群馬県立館林美術館で開催中の『土 - 大地のちから』に
〈表層〉シリーズ18点を出展しています。

 この展覧会はさまざまな角度から「土」の魅力にせまるもので、
縄文土器から土人形など幅広い資料の展示と、土を素材、または対象として活動を続ける現代美術作家の作品展示の二部構成になっています。


会期 2008年6月28日(土)-8月31日(日)
   午前9時30分~午後5時 ※入館は閉館30分前まで

休館日 月曜日(7月21日、8月11日を除く)、7月22日(火)

   一般500円(400円)、大高生250円(200円)




群馬県立館林美術館
群馬県館林市日向町2003
tel:0276-72-8188(代表)  fax:0276-72-8338

http://www.gmat.gsn.ed.jp/ex/ex.html


a0092799_12335716.jpg

[PR]
# by nakazato-k | 2008-07-01 12:40 | 中里和人 新着情報
出展   『ワークショップ20年のドキュメント展』     目黒区美術館
a0092799_11563775.jpg

                    〈目黒砦 2002年〉


 目黒区美術館で開催中の『画材と素材の引き出し博物館 + ワークショップ20年のドキュメント 展』に「楽しい建築教室2」(2002年)で制作した小屋、〈目黒砦〉を出展しています。

この2002年のワークショップでは、参加者とともに貸し切りバスで河原などさまざまな場所を巡り、素材集めからはじめ、作り上げました。

 



会期 2008年7月1日(火)~8月31日(日)
   午前10時~午後6時(入館は5時30分まで)
   月曜休館 (ただし、7月21日は開館、22日は休館)

観覧料 一般600円、大高生500円、中小生無料




目黒区美術館
目黒区目黒2-4-36 tel.03-3714-1201  fax.03-3715-9328

http://www.mmat.jp/index2.html
[PR]
# by nakazato-k | 2008-07-01 12:08 | 中里和人 新着情報
たくさんのふしぎ『夜へ行こう』刊行
a0092799_10245349.jpg


月刊絵本「たくさんのふしぎ」
2008年5月号(第278号)に
中野純(文)・中里和人(写真)の
闇コンビが登場しました。

福音館書店/刊
700円(667円+税)
[PR]
# by nakazato-k | 2008-06-25 10:35 | 中里和人 新着情報
中里和人写真展『SELF-BUILD』
a0092799_23552679.jpg


会期   2008年7月5日(土)〜7月16日(水)
     13:00〜21:00   木・金曜日休み

会場   ROBA ROBA cafe(ロバロバカフェ)
     世田谷区経堂2-31-20
      tel + fax 03-3706-7917
     
     http://www15.ocn.ne.jp/~robaroba


  中里制作の「移動する組み立て小屋」5号も展示します。
[PR]
# by nakazato-k | 2008-06-22 00:03 | 中里和人 新着情報
石山修武 × 中里和人『SELF‐BUILD』 刊行
a0092799_13292885.jpg



『セルフビルド SELF‐BUILD 自分で家を建てるということ』


石山修武/著
中里和人/写真
田邊寛美・武田憲人/編集
祖父江慎・安藤智良(コズフィッシュ)/ブックデザイン
交通新聞社/刊
2520円(2400円+税)


トタンで作られたバー、トラック荷台に建てられた二階建て住宅、村人が作った零戦格納庫、磯崎新の隠れ家、
コルゲートパイプの住宅、廃舟で暮らすおじさん、
石山修武の未完の自邸、知的セルフビルド松浦武四郎の一畳敷、
湖に浮かぶ村、ひろしまハウス、ジャズに捧げる究極の音響空間、マザー・テレサの「死を待つ人の家」、
世界に一つだけの恐竜ロボット、隅田川堤防に佇む完全なる0円ハウス・・・他。

ここにはセルフビルド・スピリッツに貫かれた、家や庭、
アート空間に変身した、フラジャイルで堅牢な自己表現の景色がある。自己実現の建築がある。

フツー(?)の人たちがつくり出した、ある意味エコで超自然体な、驚愕必至の現代の愛すべきセルフビルド・ワールド。
[PR]
# by nakazato-k | 2008-05-08 13:28 | 中里和人 新着情報